空のDIVを下まで伸ばす。

標準

デコルのホームページのドメインをdeco-ru.comからdecoru.co.jpへ変更致しました。

当時一生懸命作ったものですが、今回リファイン致しました。

モノグラム・パンダがクルクルしてる所ですが、今まで、

div#monogram div {

float: left;

padding-bottom: 32767px;

margin-bottom: -32767px;

}

コリスさん参考

このCSSを利用してました。

32767pxというのは、IEが認識する数値がこれがマックスらしいです。

が、縦どう考えても届かない時があります。(´;ω;`)

ということで、jQueryに頼ってみました。

var m = Math.max(
$(‘.main’).height(),
$(‘.sidebar’).height(),
$(‘.sidebar2’).height()
);

$(‘.content’).height(m);​

かちびとさん参考

これで、一番数値の高いカラムに全ての合わせるということになりました。

しかし、ABOUTページにあるアコーディオンの、開閉には対応してませんのでアコーディオンは削除しました。

なんで、ヨコの100%はきくのにタテの100%は面倒臭いのでしょうか。。。(´・ω・`)

広告

jquery.flickslide.jsをちょっと付け加えて最後に行った時、更にボタンを押すと最初に戻る。

標準

jquery.flickslide.js を使ってスマートフォンサイトを構築中です。

このjQueryは、最後になったらボタンが効かなくなりストップするんです。

これの、ストップ切ってしまって、最初に戻るふうにしました。

もしかして、オプションか何かで設定できるのかもしれませんが、

見つけれなかったので、直接ソースコードを付け加えました。

時間で動く方は最初に戻るので、このソースコードを参考に…。

self.click(function() {

}elseif(settings.direction===’next’){

if(currentX===maxX){

slideObj.get(0).style.webkitTransform=’translate3d(‘+maxX+’px, 0, 0)’;

slideTimer=setTimeout(lotation,slideDuration);

slideLock=0;

これを、

}elseif(settings.direction===’next’){

if(currentX===maxX){

slideObj.get(0).style.webkitTransform=’translate3d(0, 0, 0)’;

currentX=0;

slideCount=0;

slidePager();

slideTimer=setTimeout(lotation,slideDuration);

slideLock=0;

とすると、右端まで行った時、もう一度ネクストを押すと、最初に戻りますです。

逆に最初にある状態で、左ボタンを押すと最後に行くのは、

この手順と同じですので、お試しあれ。

という、メモ書き。

jQuery2.0Beta 発表!

標準

jQuery2.0Betaが発表されました。

何でも、「IE(インターネットエクスプローラー)6~8はサポート対象外」との事、

WindowsXPはIE8までしか入れれないため、ブラウザを変える方がよさそう。

以前は、IE6でホームページを見たら、「あなたのIEは古いから、新しいのにするかブラウザをかえなさい!」

なんて、注意文が出るサイトがあったが、今後はIE8までひきあがるのかも・・・。

海外のSNS、MySpaceではIE自体の切り捨てがはじまっているのか、

新しいデザインではIEで見るとJoinボタンすら出ない状態。

※IEの人にはクラシック表示が用意されています。

作り手としては、IEでWebKitを見られるようにしてもらいたい。

見る環境がないけど、スマートフォンのサイトをWindowsPhone8で見ると崩れているらしいので…。